2008年3月12日水曜日

Buildbotその7

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
ShellCommandのコンストラクタに渡すnamedな引数のcommandはstrじゃないといけないみたいです。listをわたそうとしてはまった。

ちょっといじってみたけど、手を入れるのが困難なソフトだね。gnubgのCをいじるほうがらくだ。
rpmbuildで使うtar.gzのファイル名がハードコードされるのを回避したいのだがなかなか・・・。svn updateでとってきたspec fileを読み込んで、source dirをrenameしてからtar czfしたほうがいいようだ。しかしファイル名を渡す手段があまりない。こういうときにさくっといじれないのが、苛立ちの元で精神衛生上きわめて悪い。spec書き直すたびにcfgを書き直すんですか?筋悪いです。

あーむかつく。

いいニュースは、ソースを読んだところ、slaveからmasterにファイルを転送する手段があるということ。まあ、stdioがリアルタイムで転送されてくるところを見ると当然ですが。

0 件のコメント: