2008年3月17日月曜日

TG2.0はsqlobject->sqlachemyらしい。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
影響が気になるですこし調べていた。

TurboGears Japanese > Archives > April 04, 2007
を読んで思ったのは、transactionを意識したくないんだなぁってこと。sessionがtransaction管理をするのは必然なので。transactionをいじる人はあまりいないのね。まあ、ページの更新だけを扱っていればPostの処理で書き込み、GETで読み込み+認証での読み書き以外には考えられないからねぇ・・・。で、POSTでの粒度とtransactionの粒度が一致しているわけで。


で、sessionをだれがもつかという話なんだけど、processのグローバル変数/threadのローカル変数にまかせてよきに計らうが基本スタンスっぽい。tgの__sqlhub__かなんか。コンテキストか。

いつcommitするのよ?ってのが多分SAだとunitOfWorkかなんかでまとめてcommitになっているのだと推定。この点はActiveRecordだろうがDataMapperだろうが関係はず。

SQLAlchemy, Declarative layers, and the ORM 'Problem' @ matzにっき

SQLAlchemy @ TokuLog 改め だまってコードを書けよハゲ

テストしにくいというのは確かにその通りかも。継承が「汚染」されずにすむだろうし。

0 件のコメント: