2009年4月6日月曜日

googleの情報工場

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
写真がCnetで公開された。cnetの記事

チェックしている人がいた。

マザーボードは、gigabyteのもので、型番が同一なもののこのページで参照できる。
写真を比較すればわかるが、各種端子が省略されている。当然のことだ。余計なものがつけば余計なコストがかかり、余計な電力を消費する。天下のgoogleといえど、スクラッチから設計を起こすことをせずに、既存のデザインを元にサーバ専用ということでマイナーチェンジを行ったと考えたほうが正しいだろう。


動画




工場にしか見えないです。同時に世界一の計算機資源をもっているのはgoogleかなぁと思った。コンテナ1個に1200台くらい入っていて、250kWの電力を喰うそうな(100V交流供給だと2kAとかそのへん?一般家庭100軒分?・・・つまりマンション1棟分くらい電気を喰う)。コンテナはよくわからないけど100個以上は軽くありそう。1000個はもっているだろうな10,000個もっているかどうかは知らないが。電力発電所を作ることまじめに考えるわけだ。

ここのマシンはethernetで結合されているように見える。RJ45の口ともうひとつなんかの口がついているだけだ。

cnetの記事
Googleのサーバーが公開された

比較:
地球シミュレータ
一言付け加えておくと、計算機の方向性が異なるので、単純比較できない面がある。地球シミューレタのほうがgのサーバ郡(コンピュータの群れであって、1つのコンピュータと呼ぶのはどうかなぁ・・・)よりノード間の結合がはるかに太くつくられていて、はっきりとそこにカネをかけているといっていい。

まだ東工大のTsubameのほうがちかいかな?それでもInfiniBandだしなぁ。。。

さて、電力についてもう一言。素材産業が持つ発電能力、1990年とちょっと古いが、規模は変わらないだろうから参考にはなるだろう。新日鉄君津製鉄所では60万キロワットの自家発電能力を有している。250kw x 1000 = 25万キロワットなので、googleが自家発電を考えることがどうして自然かがよくわかる。

別に鉄を圧延のためにあっためるのに使うわけじゃなくて計算に使うためにこんだけ電気を使えるのだからその規模がいかにすさまじいかよくわかる。冷却に水を使っている点でも製鉄業とgoogleは変わらないなぁ・・・。エネルギー消費の観点から製鉄産業の進化速度とコンピューティングの進化速度を比較すると面白いかもしれない。

0 件のコメント: