2011年11月8日火曜日

先日のLVM関係の騒ぎのときに拾ったpdfより

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

まあ、デバッグとかと同じで、想定している値と食い違った値を出している箇所を特定する作業が必要なのですが、
レイヤーごとにどうなっているか、下からチェックしなさい、といっている。


出典:LVM2 – data recoveryという、Milan Brož(mbroz@redhat.com)さんがが書いたプレゼン。

0 件のコメント: